教育現場で使われている道具の値段

意外と知らなかった学校にある道具の値段

業務用のものってどこで調べられるの?

学校とは一般的に「小学校」から始まります。 小学校の6年間、中学校の3年間、高等学校の3年間、そして大学の4年間と人によっては大学院2年間など、誰もが少なくとも9年間、長い人は18年間以上過ごす「学校」。 学生の人はもちろんわかると思いますが、大人になったみなさんは「学校に何があったか」覚えていますか?

学活の時間を過ごした「普通教室」にある道具

小学校、中学校、そして高等学校にはクラスルームがありました。 朝はまずその教室に行き、ホームルームの時間を過ごします。 先生から連絡事項を聞いたり、手紙が配布されたり、文化祭の話し合いをしたりする「普通の教室」。 ここにあった「道具の値段」についてご紹介していきたいと思います。

音楽室などの「特別教室」にある道具

学校には、「普通の教室」以外にもたくさんの施設があります。 例えば、校庭、体育館、学食、音楽室、理科室などです。 このような場所には生活に必要なものから、技術的なことを学ぶ道具まで、実に様々なものがあります。 あって当たり前だったあのものたちの値段をかいつまんでご紹介します。

みなさんは「学校に何があったか」覚えてますか?

「教育現場にある道具」と聞いても、私たちが普段買うような道具とは違うので、「どこで買うのか」、「どこで調べられるのか」という素朴な疑問が湧いてきます。
まず、一体このような業務的な道具がどこで取り扱われているのかということをご紹介していきたいと思います。

学校の備品の値段を知っているのはごく限られた人だけではないでしょうか。
学校の事務員さん、教員、そして備品を製造・販売している業者などが思いつきます。
ですが、今ではインターネット上にたくさんの情報が掲載されていますので、私たちでも簡単に情報を手に入れることができます。

例えば、備品を製造・販売・代理販売している業者のホームページがあります。
このようなサイトを見ると、少し教育現場の道具の値段がわかってきます。

また、最近では、業者ではなくても、教育現場のものの値段をまとめたサイトもあります。
このようなサイトを見て、新しいことを知るのも良いですね!

大人が今見て教育にどれだけ経費がかかっていたのか知ることも面白いですし、お子様がいる方がお子様に「なぜ学校のものを大切に使わなければいけないのか」ということを伝えるのも良いかも知れません。

「教育現場にある道具」の値段を知ることで、市や都道府県の予算のイメージもつくでしょうし、職場にあるものの値段も想像がついてくると思います。

考えてもみなかった「学校の道具の値段」を知って、話のネタにするのもいいかも知れませんね!

おすすめリンク